关于《刺青》中的纹身

Menu
  

    要旨『刺青』は谷崎潤一郎の処女作である。「刺青」はその小説のキーワードである。文身は古い風俗習慣だけでなく、社会の発展に従って、次第に特別な文化芸術に変えてきた。昔の日本の入れ墨は異端性があると思われる。そのような背景の中で、谷崎潤一郎は『刺青』を作った。娘の背中に彫り上げた〈巨大な女郎蜘蛛の形〉はある特定の象徴的意味があると考えられる。しかも、〈女郎蜘蛛〉というイメージから見ると、谷崎潤一郎の特別な文身観が見られる。それゆえ、本論文では、日本の刺青文化を踏まえて、先行研究を参考しながら、『刺青』における文身を分析した。47184

    摘要《刺青》是谷崎润一郎的处女作。“刺青”是这篇小说的关键词。随着社会的发展,纹身不仅仅作为一种风俗习惯,渐渐演变成一种文化艺术。日本古代的纹身具有异端性。在那样的背景中,谷崎润一郎创作出了《刺青》。刺在女主人公背上的“巨大的女郎蜘蛛”具有特定的象征意义。而且,从“女郎蜘蛛”这一形象来看,谷崎润一郎具有独特的纹身观。本文在研究日本的纹身文化和参考先行研究的基础之上,研究了《刺青》中的纹身。

    キーワード:日本の文身文化; 異端性; 女郎蜘蛛; 谷崎潤一郎の文身観

    毕业论文关键词:日本的纹身文化;异端性;女郎蜘蛛;谷崎润一郎的纹身观

    目  次

    1.はじめに 1

    2. 『刺青』という小説について 2

    2.1 『刺青』のあらすじ 2

    2.2 『刺青』の文学地位 2

    3. 先行研究とその問題点 3

    3.1日本における先行研究 3

    3.2中国における先行研究 4

    3.3先行研究の問題点 4

    4. 女郎蜘蛛の模様が選ばれた理由 5

    4.1日本の伝統的な刺青文化の影響 5

    4.1.1日本の刺青の歴史 5

    4.1.2日本の刺青の特徴 6

    4.2日本の民間伝説から 7

    4.3生物学の立場から 8

    5. 谷崎潤一郎の刺青観 8

    6.おわりに 9

    参考文献 10

    謝  辞 11 

    1.はじめに

    『刺青』という文章は谷崎潤一郎の処女作と考えられて、谷崎文学の代表作として、『刺青』の中で処女作らしい要素を多く内包した。女性の内奥に潜めているマゾヒズムと魔性的な傾向が提出されており、憧れの女性の前で位置が逆転して、女性優位になる独特のモチーフがすでに根づいている。それらは谷崎潤一郎の文学に一貫している非常に重要なモメントでもあるからだ。周知のとおり、文身は『刺青』を貫くキーワードである。

    しかしながら、日本において文身は長い歴史がある。日本の文身は古い風俗習慣だけでなく、社会の発展に従って、次第に特別な文化になり、日本ならではの特徴がある。弥生時代まで、日本は世界で有数の文身文化があったと考えられる。それから、奈良時代に入ると、律令制の確立とともに文身は中国習い、刑罰の一種とされて、異端の存在となっている。現代に続く日本の華やかな文身文化は、江戸時代中期に確立された。その時、様々な文身文化が都市で交わり、浮世絵などの技法を取り入れて洗練され、装飾としての文身の技術が大きく発展した。19世紀に入ると、文身は極めて流行してきた。博徒、火消え、鳶の者など肌を露出する職業では、文身をしていなければむしろ恥であると見なされるほどになった。明治初期の厳しい取締りの後、文身はある程度、黙認される存在へと変わる。また、文身の持つ性的装飾としての側面や嗜虐性も、その時から大衆文化のなかで再度クローズアップされはじめている。

  1. 上一篇:关于日本汽车产业丰田的考察
  2. 下一篇:汉语日语中体的表达在语段中的功能的比较研究
  1. 关于日本汽车产业丰田的考察

  2. 《嫌疑人X的献身》男性形象研究

  3. 关于有对自他动词的可能表现的区分

  4. 村上春树小说《海边的卡夫卡》中的猫意象

  5. 《伊豆的舞女》自我发现之旅

  6. 《恍惚的人》日本养老问题

  7. 村上春树的俄狄浦斯情结...

  8. 浅析体验营销在展示设计中的应用

  9. 浅析现代纤维艺术在家居环境中的创意与表达

  10. 官方媒体如何做好突发事件的议程设置

  11. 女大学生网络冲动性购买...

  12. LabVIEW虚拟仪器英文文献和中文翻译

  13. ASP.net《软件设计与实践》实践教学平台设计

  14. asp.net+sqlserver个人饮食管理系统的设计

  15. 电阻炉文献综述和参考文献

  16. Cu-Au-MCM中Cu/Au比的调变对介孔结构的影响

  17. 新世纪好莱坞魔幻电影研究

加入收藏   

About

辣文论文网手机版...

HomePage:http://www.lwfree.com

CloseBack